ConnectPlus for CONCUR Expense

経費精算クラウドサービス【Concur Expense】連携ツール

SAP ERPとConcur Expenseとの接続をABAPアドオン開発不要で実現するSAP ERP専用のデータ連携ツールです。

概要

「ConnectPlus for CONCUR Expense」は、SAP ERPと経費精算クラウドサービス「Concur Expense」とのデータ連携を実現する、SAP ERP専用のConcur連携ツールです。

SAP標準インタフェース機能(BAPI、RFC)を利用するので、SAP ERPへの会計伝票登録処理やConcurサービスへのマスタ配信処理の為のABAPアドオン開発は必要ありません。データ通信やファイル転送、マッピング等、必要最小限の機能を搭載し、Concurサービス導入期間を短縮し、導入コストを最小限に抑えることに貢献します。

 

※最新バージョンのConnectPlus for CONCUR Expense V1.1より、請求書処理自動化クラウドサービス「Concur Invoice」とのデータ連携も可能になりました。 また、ファイル転送「FTP」の他、Concur公開APIにも対応し、連携の選択肢が増えました。

 

搭載機能 

 

 ConncetPlus for CONCUR Expense V1.1

 

 

① SAP ERP標準機能接続

SAP ERP標準インタフェース機能(BAPI、RFC)を利用した伝票登録、マスタデータ抽出を行います。

 

② データマッピング/マスタ変換

Concur Expenseから受信したデータをSAP ERP伝票登録に必要な貸借一致の会計データに整形します。

事前に準備したマスタデータを参照することも可能です。設定ファイルによりマスタ変換項目を指定でき、1:1変換、複数キー変換に対応しています。

 

③ データの暗号化、復号化/FTP接続

データの暗号化プログラムは「PGP」(Pretty Good Privacy)を、ファイル転送は「FTP」を利用します。FTPSやSFTPを利用可能です。

また、ファイル転送「FTP」の他、Concur公開APIにも対応しています。

 

④ 「Concur Invoice」と連携可能

Concur InvoiceとSAP ERPとのデータ送受信を実現。

Concurから受信したデータをSAP ERP請求書照合伝票に連携し、SAP ERPから抽出したPOデータや仕入先マスタ等をConcur Invoiceに連携します。

 

 

導入効果

「ConnectPlus for CONCUR Expense」の利用でデータ連携開発が不要になり、初期設定作業のみでSAP ERP - Concur Expense間の連携が実現できます。

 

ConcurExpense導入プロジェクト例

 

 CPCESchedule

 

 

導入事例

オートバックスセブン様「経費精算クラウドサービス「Concur Expense」を、連携ツール利用で短期間導入を実現」

 

資料ダウンロード

  • パンフレット

  • 製品詳細資料

  • 導入事例

お問い合わせ

  • Webで簡単お問い合わせ

    製品、導入事例、関連セミナーなど
    お気軽にお問い合わせください。

  • SAPアダプタ ショールーム

    製品デモンストレーションを
    見てみませんか?

  • 資料ダウンロード

    製品別のパンフレットや導入事例の資料をダウンロードできます。

  • エンジニアコラム
  • 特別コラム
  • サイト内用語解説