ERPと接続するには、アドオン開発するしかないと思っていませんか?

たとえすべての業務をERPに移行するビッグバン導入であっても、いくつかのサブシステムは外側に残ります。ERPと接続するには、ERP上にファイル入出力プログラムをアドオン開発するしかないと思っていませんか?

答えは「No」です。

 

この「No」の意味は、他に選択肢があるということでなく、アドオンは一番避けなくてはいけない方法だという捉え方をしてください。SAP ERPには、パッケージ標準として様々なインターフェース機能が実装されています。もしベンダーから出てきた提案がアドオンだったら、標準インターフェースでの提案を要求しましょう。

 

topic_subsystem2さあ、接続が必要なサブシステムを見渡してください。そこでやり取りされるデータ交換シナリオを整理してください。接続要件は、オンライン接続なのかトランザクションデータのメッセージング接続なのか、時間スケジュールでのバッチ接続が良いのか?業務ニーズや運用方針を考慮して、どの標準インターフェースが利用できるか考えましょう。その際、連携ツールの利用が有効であれば、そのインターフェースにはどのツールが適しているのか検討します。

 

何よりも先に、ツール選定を目的とした機能比較に躍起になっているユーザを見かけますが順番が違います。

 

 

ERPとサブシステムをどう連携させるか分からない。

topic_subsystem3業務ニーズにマッチする接続方式はどれだろう。
もっと具体的に、現行の倉庫システムとこんなデータを自動連携させたいけれど標準インターフェースシナリオはあるのかな?など疑問点はエス・アイ・サービスにぶつけてみましょう。

 

当社は、SAP連携ツールの提供のみならず、システム接続コンサルティングや、接続実装部分の請負開発、新規外付けシステムの構築など、ERPシステム接続に関して幅広くサービスを提供しております。

ショールームのページでも説明していますが、相談会は無料です

 

エス・アイ・サービスにはどんなサポートが依頼できるのか? どれくらいの予算があればいいのか?など、なるべく具体的にイメージをつかんでいただけるよう、サービス説明のページを用意しています。

お問い合わせ

  • Webで簡単お問い合わせ

    製品、導入事例、関連セミナーなど
    お気軽にお問い合わせください。

  • SAPアダプタ ショールーム

    製品デモンストレーションを
    見てみませんか?

  • 資料ダウンロード

    製品別のパンフレットや導入事例の資料をダウンロードできます。

  • エンジニアコラム
  • 特別コラム
  • サイト内用語解説