ERP導入時に連携で失敗しないために

何故、統合テストにSAP ERP以外のシステムが含まれていないのでしょうか?
答えは、ベンダーに「頼んでいないから」です。
ベンダーはSAP ERPの導入を依頼された範囲でサービス提供します。ユーザが考える”SAP ERP導入(=全社システムを上手く稼働させる)“とは必ずしも一致していません。

また、ベンダー側のメンバーにシステムインテグレートができるコンサルタントがいない場合、「依頼範囲の認識のズレ」問題の発生危険度が高くなります。SAP認定コンサルタントは、ユーザ要件に沿ってERP機能のカスタマイズパラメータが設定できる人であって、システムインテグレートのコンサルティングができる人とは限りません。

 

 

さらに注意が必要なのは、機能を分割して別々のベンダーに依頼する場合です。個々のベンダーが自社担当分にバッチリ責任境界線を引きます。この境界線の外側に、誰も担当していないグレーゾーンが残っていたり、全体としてみると思わぬ重複機能が存在する、という事態が発生しうるのです。マルチベンダーの時は特に、ユーザがシステム全体をみて”システムをインテグレート(統合)する”という認識を持つことが大切です。

 

 

ERPシステムも全体のシステムの中の一つ

SAP ERPの機能適用範囲がどんなに広くても、全体システムの中の一つだという捉え方をしてください。 自社のIT部門がシステムインテグレーターだという認識で、マスタースケジュールを自分達で作成すれば、統合テストにレガシーシステムが含まれていない、誰も担当者がいない部分があるなどという事態が避けられます。

 

 

topic_scope3自社のリソースでは自信がない、現行システムとの接続を忘れていて間に合いそうもないなど、困った時には、エス・アイ・サービスに一声かけてみてください。 当社は、SAP連携で困った時のスポットコンサルティングや、接続実装部分の請負開発、新規外付けシステムの構築など、ERPシステム接続に関して幅広くサービスを提供しています。ショールームのページでも説明していますが、相談会は無料です。

 

 

エス・アイ・サービスにはどんなサポートが依頼できるのか?どれくらいの予算があればいいのか?など、なるべく具体的にイメージをつかんでいただけるよう、サービス説明のページを用意しています。

 

 

 

お問い合わせ

  • Webで簡単お問い合わせ

    製品、導入事例、関連セミナーなど
    お気軽にお問い合わせください。

  • SAPアダプタ ショールーム

    製品デモンストレーションを
    見てみませんか?

  • 資料ダウンロード

    製品別のパンフレットや導入事例の資料をダウンロードできます。

  • エンジニアコラム
  • 特別コラム
  • サイト内用語解説